住宅ローンの担保は住宅そのものであったり生命保険であることがほとんどです。

ローンを学ぼう!ローン大百科☆

担保について

非常に高額なローンを組むわけですから、住宅ローンでは担保が必須になってきます。
融資を受ける金額に応じた担保というのが必ず必要になってきますから、この点についてはよく心得ておくようにしましょう。
担保を準備することができなければ住宅ローンを利用することもできませんから、気をつけなければなりません。

とはいえ、一千万円や二千万円といった金額に相応する担保というのはなかなか準備をすることができるものではありません。
そのような担保を準備することができればそもそも住宅ローンを組む必要というのもありませんから、これは当然ともいえるでしょう。
住宅ローンの場合、その担保というのは新しく購入をする住宅そのものであることがほとんどです。
これならば、わざわざ担保を準備しなければならないということもありませんからとても合理的だといえるでしょう。
住宅を担保にするのであれば、返済も身をもって行っていくことができることだと思います。

また、その他にも、生命保険を担保にすることというのも可能です。
一家の大黒柱が返済人である場合、万が一にも病気などで亡くなってしまえば残された家族が大変なことになります。
生命保険に加入をし、これを担保にしておけば、自分が亡くなった場合でもその保険金で返済をしっかりと行うことができ、家族に住宅を残してあげることができます。
最近では生命保険を担保にする場合が多いですから、これを利用してみることも検討してみてください。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018ローンを学ぼう!ローン大百科☆.All rights reserved.